社  長  挨  拶










      代表取締役社長 藤田 公康        
人にやさしく、確かな技術で、夢を架け、豊かな国づくりに貢献します。

 極東興和株式会社は、昭和23年の創業以来、プレストレスト・コンクリート(PC)技術を活用した橋りょうの建設を中核事業として、戦後のインフラストラクチャー構築に貢献してまいりました。
 近年では、長年にわたり建設された橋りょう・トンネルなどの構造物が老朽化し、今後はその維持補修・補強事業が飛躍的に増加すると予測されています。
 当社はこれまでもコンクリート構造物の維持補修・補強技術の開発に注力しており、マイクロパイル工法やK-LIP工法などの開発に尽力してまいりました。
 当社は技術者集団として、今日まで頂いた信頼と、培った技術や安全に対する取り組みを礎とし、今後も新設及び更新橋りょうに対する技術提案や、コンクリート構造物の長寿命化のための技術開発など、変化する社会環境、ニーズに柔軟に対応し、時代に沿った技術を提供することで、社会に貢献できるよう日々努力を重ねてまいります。